花粉症のしくみ

こんにちは。

今年の花粉は本当にひどいですね。
薬を飲んでいても症状が改善されないという方もかなり増えているようです。

そこで改めて今回は「花粉症のしくみ」について書こうと思います。

花粉症は、吸い込んだ息と一緒に気管内に入ってきた花粉成分が鼻の粘膜に浸透し、身体がそれを異物と認識し、
「抗原」である花粉成分に特有の「IgE抗体」が体内で作られることから始まります。
人の身体には異物が侵入したときにそれを排除するための「抗体」を作る働きがあります。
例えば異物である細菌が侵入してくると、身体はそれを異物として認識し、その細菌成分である「抗原」に特有な
「抗体」が作られ、細菌を体内から排除しようとします。

この機能を「免疫反応」といいます。

「抗原」に対して作られる「抗体」にはいくつか種類があり、IgM抗体、IgG抗体、IgE抗体などがありますが、

アレルギーに関係するのがIgE抗体です。

通常であればこの免疫反応は適正な範囲でコントロールされているのですが、
その免疫機能が過剰に働いてしまう場合に起こるのがアレルギー反応です。

つまり花粉症のしくみは、ある花粉が大量に鼻や目に入ると体内で免疫反応が起こり、
花粉という異物(抗原)に対して結合するIgE抗体が増え、免疫的に記憶されます。
次に目や鼻に入った花粉(抗原)は、粘膜で抗体と反応し、その情報を受けて粘膜にある肥満細胞と呼ばれる細胞から神経や血管を刺激するヒスタミンなどの刺激物質が放出され、かゆみや鼻汁の分泌などの症状が起こります。

ここで間違えてはいけないは、このような症状が出るのは血流を増やし、
分泌物を増やして抗原を外に出すための正常な反応だということです。
しかしこれらの症状は不快なため、薬の力を借りて止めてしまう方がほとんではないでしょうか。
残念ながらこれでは身体が治そうとする機会を奪ってしまっています。

当院で行う花粉症治療は「負電荷療法」と言い、電子治療器を使って身体に直接大量のマイナス電子を
流すことによってIgE抗体の産生量が正常になるよう調整します。
さらにこのマイナス電子には酸化された物質を還元する働きがありますので、
炎症によって大量発生した活性酸素を分解・除去します。
これらの働きによって徐々に体質が改善され花粉症のつらい症状からも解放されます。

ちなみに電子を流すといっても、直流ですので全くの無感覚ですのでご心配なく。

無料電話相談受付中

施術に関する無料相談を行っております。 お気軽にご連絡ください。

TEL.03-4400-7027
スマートフォンの方はタップで電話が掛けられます。

関連記事

  1. 花粉症の患者さまの声

  2. アレルギーとお菓子な関係

  3. 花粉症対策はお早めに

  4. 花粉症シーズン到来!薬に頼らない改善策は?