アレルギーとお菓子な関係

ちょっと耳の痛い話ですが、身体に現れる症状は、すべて身体からの「メッセージ」です。
花粉症やアトピーなどのつらい症状も然り、「今の生活習慣を見直してくださいね」というメッセージです。

生活習慣の中で最も身体に影響を与えるのが食事です。

日本でアレルギーが急増した昭和50年というのは、主食に使うお金よりもお菓子に使うお金が上回った時代です。

花粉症やアトピー性皮膚炎の方は、スナック菓子を食べすぎると症状が悪化します。

なぜでしょうか?

その原因はスナック菓子に含まれる「サラダ油」。

油には種類がありまして

  1. オメガ3系
  2. オメガ6系
  3. オメガ9系

とあり、サラダ油に多く含まれるオメガ6系の油にはリノール酸が含まれ、これが体内で炎症を引き起こす物質のアラキドン酸になり、アレルギー症状が悪化するのです。

ですからアレルギー症状のある方は、オメガ6系の油を使用した、揚げ物やお菓子は控えたほうか良いでしょう。

また甘いものも食べ過ぎても症状が悪化します。

特に「チョコレート」。

細胞を緩め、副交感神経が異常亢進するため症状が悪化します。
また甘いものや冷たいものは身体を冷やしますし、肝臓にも負担をかけるので食べ過ぎには注意しましょう。

こんな風に書くと、アトピーのお子さん達は食べたいモノも食べられなくて可哀想と思われるかもしれませんが、
お子さんの健康のためにバランスの良い食事を与えるのは親の責任です。

まずは症状の改善、そして体質改善を目指して取り組んで行きましょう。

無料電話相談受付中

施術に関する無料相談を行っております。 お気軽にご連絡ください。

TEL.03-4400-7027
スマートフォンの方はタップで電話が掛けられます。

関連記事

  1. 花粉症の患者さまの声

  2. 花粉症のしくみ

  3. 花粉症シーズン到来!薬に頼らない改善策は?

  4. 花粉症対策はお早めに