花粉症の治療について

「温熱+刺さない鍼+アーシングによる自律神経調整」

花粉症は自律神経の副交感神経が異常興奮することによって起こる症状です。
ですから「花粉」だけが原因ではありません。副交感神経を異常興奮させる様々な「誘因」を日々の生活の中で回避することがとても大切です。
体質改善のスピードを上げるためには治療だけでなく、日常の生活を見直すことが重要となりますので、当院では生活改善のアドバイスもしっかり行っていきます。

施術の流れ

  • Step1
    刺さない鍼

    まず最初に金のてい鍼で頭皮・首・肩をマッサージし帯電している余計な電気的エネルギーを祓います。

  • Step2
    ハンディマッサージャー

    ハンディマッサージャーによる微細な振動で頭皮や表情筋のコリ固まった筋肉を緩めて血流を良くします。

  • Step3
    三井温熱器

    さらに温熱器で熱を入れて「アチチ反応」を出し、瞬間的に交感神経のスイッチをONにして自律神経を整えていきます。

  • Step4
    電気ローラー鍼

    続いてステンレス製の電子鍼で鼻や目の周りにあるツボを点打して刺激します。この刺激によって新しい血液を集めます。

  • Step5
    アーシング

    血液が集まったところにアーシングによって大量のマイナス電子をツボからダイレクトに送り込み、花粉症の炎症の元となる活性酸素を分解・除去して細胞の還元を促します。

  • Step6
    ピソマ

    最後に手足の指先にある副交感神経の興奮を抑制するツボに「ピソマ」という無数の突起があるシールを貼って終了です。

※ 問診の内容によって内臓の調整も同時に行います。

施術の頻度

週1〜2回を計5回がひとつのサイクルとなります。
症状が重い方はこのサイクルを何回か繰り返すことが必要になります。
症状が悪化すると思われる1ヶ月前には治療をスタートすることをオススメします。

施術料金

初診料2.000円
施術料
大人6.000円(約45分)
中学生以下 4,000円

注意事項

コンタクトをされている方は必ずお知らせください。

無料電話相談受付中

施術に関する無料相談を行っております。 お気軽にご連絡ください。

TEL.03-4400-7027
スマートフォンの方はタップで電話が掛けられます。